ストーリー

ストーリー · 31.12.2010
English follows Japanese...
ストーリー · 18.12.2009
English follows Japanese 美術の執筆や翻訳の仕事で、画家の人生を綴ることが多い。  長い伝記の翻訳をするときには、数か月、その画家と共に生きる。 大学時代、アメリカの女性画家、ジョージア・オキーフの伝記を読んだ。 以来、憧れの画家で、あるとき一人旅でオキーフの家に行った。 安い航空券をとったので、3つの飛行機を乗り継いだ。...

ストーリー · 11.06.2008
English follows Japanese 十年来、大ブームの江戸時代の天才絵師、伊藤若冲。生まれ育った京都の台所「錦市場」を散歩した。 日没過ぎの錦市場。390メートル続くアーケードは、若冲一色。この市場のどのあたりに、若冲が若旦那として切り盛りした青物問屋があったのだろう。...
ストーリー · 20.04.2006
2002年夏。 ロンドンの美術大学に入学許可を得て渡英し、 サウスロンドンの学生寮に入った。 同じ寮で出会った韓国からの留学生に、 毎週、ポートベローマーケットに出店していると聞く。 「来週は自分は行けないから、代わりに場所を使っていいよ」 雑貨屋さん、それとも本屋さんだったか。 お店の前の路上を使わせてもらっているという。...

ストーリー · 20.01.2006
大学生のとき、絵本作家になりたかった。 絵本の編集者のかたから真っ白の束見本をいただき、 そこに絵を描いては、見ていただいていた。 あるときなぜだか、 走る馬のしっぽをつかんでいる 赤いワンピースを着た女の子の絵が浮かんできて、 まだ真っ白のままの絵本の、一番最後のページに描いた。...